十勝の美味しさをまるごとお届け 北海道 十勝 通販サイト | 十勝まるごと工房 スタッフブログ

*

熱中症に気を付けて!

     - その他

おはようございます!西村です!

今日の十勝は最高気温35℃!
真夏日を通り越して猛暑日になってしまいました。
熱中度指数も文句なしの危険レベルになっています。

今日は熱中症の症状をご紹介します。

●めまいや顔のほてり
めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。
 一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

●筋肉痛や筋肉のけいれん
「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
 筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

●体のだるさや吐き気
体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

●汗のかきかたがおかしい
ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

●体温が高い、皮ふの異常
体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

●呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。すぐ医療機関を受診しましょう。

●水分補給ができない
呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう。

以上が熱中症の主な症状らしいです。
こんな症状が出た場合の応急処置は、

〇涼しい場所へ移動しましょう
まずはクーラーが効いた室内や車内に移動しましょう。
 屋外で、近くにそのような場所がない場合には、風通りのよい日かげに移動し安静にしましょう。

〇衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう
衣服をゆるめて、体の熱を放出しましょう。氷枕や保冷剤で両側の首筋やわき、足の付け根などを冷やします。皮ふに水をかけて、うちわや扇子などであおぐことでも体を冷やすことができます。うちわなどがない場合はタオルや厚紙などであおいで、風を起こしましょう。

〇塩分や水分を補給しましょう
できれば水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませましょう。
おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、誤って水分が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませることはやめましょう。

との事です。

今年もいよいよ夏本番。
北海道の夏も年々気温が上がって熱中症の危険度も増加してるので、こまめな水分補給と涼しい恰好で乗り切りましょう!(^^♪